助成金・補助金をもっと賢く活用するサイト

補助金・助成金.com

0120-124-4567

お問い合わせはこちらから

人気の助成金・補助金
  • 補助金・助成金 全業種 採用・教育 その他

    「65歳超雇用推進助成金」の創設

    「ニッポン一億総活躍プラン」(平成 28 年 6 月 2 日 閣議決定)において、65 歳以降の継続雇用延長や 65 歳までの定年延長を行う企業等に対する支援の実施が盛り込まれたことを受け、当助成金を創設し、65 歳以上への定年引上げ等を行う企業に対して重点的に支援を行うことで、65 歳以降も希望者全員が安心して働ける雇用基盤を整備するとともに「生涯現役社会」の構築を図ります。
  • 「商店街・まちなか集客力向上支援事業」(平成28年度第2次補正)公募開始

    商店街等が発展を図っていくためには、「稼ぐ力」や「地域価値」を向上させていくことが必要であり、そのためには、年々増加している外国人観光客の消費需要等を取り込むとともに、消費喚起に向けた取組を推進していくことが必要です。
    平成28年度第2次補正予算「商店街・まちなか集客力向上支援事業(商店街集客力向上支援事業)」は、商店街組織が単独で、または商店街組織がまちづくり会社等の民間企業や特定非営利活動法人等と連携して行う、外国人観光客の消費需要等を取り込むための環境整備や消費喚起につながるIC型ポイントカードシステムまたはキャッシュレス端末の整備を支援する事業です。

  • 補助金・助成金 全業種 技術開発

    「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」(28年度補正)の公募開始

    国際的な経済社会情勢の変化に対応し、足腰の強い経済を構築するため、経営力向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための中小企業・小規模事業者の設備投資等の一部が支援されます。
  • 補助金・助成金 飲食業 小売業 サービス業 地域振興

    「地域未来投資促進事業費補助金(まちなか集客力向上支援事業)」(平成28年度予算)の公募開始

    地域未来投資促進事業費補助金(まちなか集客力向上支援事業)は、中心市街地において、外国人観光客の消費を取り込むために行う施設整備に対して支援を行うことにより、中心市街地及び周辺地域も含めた経済活力を向上させることを目的とします。
  • 補助金・助成金 全業種 技術開発 その他

    「小規模事業者持続化補助金」(平成28年度第2次補正予算)の公募開始

    小規模事業者の事業の持続的発展を後押しするため、小規模事業者が、商工会・商工会議所の支援を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って取り組む販路開拓等の経費の一部を補助します。

    わが国の小規模事業者のほとんどは経営資源が不足していることから、全国にネットワークを持ち、地域に密着している商工会を活用しながら、人口減少や高齢化などによる地域の需要の変化に応じた持続的な経営に向けた取り組みを支援し、地域の原動力となる小規模事業者の活性化を図ります。
    本補助金事業は、持続的な経営に向けた経営計画に基づく、小規模事業者の地道な販路開拓等の取り組み(例:新たな市場への参入に向けた売り方の工夫や新たな顧客層の獲得に向けた商品の改良・開発等)や、地道な販路開拓等とあわせて行う業務効率化(生産性向上)の取り組みを支援するため、それに要する経費の一部を補助するものです。
  • 補助金・助成金 全業種 その他

    「節電対策設備等導入費用等助成事業」の申請期間延長

    工場照明のLED化など、その導入費用の一部を助成します。
    生産活動を続けながら電気の使用量を抑制する節電に取り組むことが重要であることに鑑み、効率的に電力を利用するための設備等の導入を支援するものです。
  • 補助金・助成金 全業種 その他

    「中小企業等の省エネ・生産性革命投資促進事業費補助金 (設備導入補助)」第4次公募開始

    「一億総活躍社会」を実現する「強い経済」を実現するためには、中小企業等への省エネルギー設備の導入支援を行うことで投資を促進し、生産性を向上させることが必要である。
    また、我が国は経済成長と世界最高レベルの省エネルギー水準を達成している中、今後さらに「長期エネルギー需給見通し」に基づき、2030年度において、最終エネルギー消費で5,030万kl程度の省エネルギーを達成していく必要がある。
    本事業は、省エネルギー性能の高い機器及び設備の導入により事業活動における省エネルギーを推進することで、事業活動の生産性を高めるとともに省エネルギーを促進し、中小企業等の競争力を強化することを目的としている。
  • 補助金・助成金 IT関連業 環境 医療・福祉 その他の業種 技術開発

    第5回「成長産業等設備投資特別支援助成事業」(最終回)公募開始

    (公財)東京都中小企業振興公社は、都内中小企業が更なる成長に向けて、次なる一歩を踏み出す取組を支援するため、成長産業分野(健康、環境・エネルギー、危機管理、航空機、ロボット)での事業展開に必要となる、機械設備や付加価値の向上などを目指すために必要となる、先端機械設備などの新たな導入に要する経費の一部を助成しています。
    当事業は平成26年度からの3ヶ年事業として実施しており、今回の募集が最終回となります。
  • 補助金・助成金 全業種 採用・教育 その他

    「両立支援等助成金」(平成28年度) 公募中

    従業員の職業生活と家庭生活の両立を支援するための取組をした事業主に対して支給される助成金があります。
    ①出生時両立支援助成金
     男性労働者が育児休業を取得しやすい職場風土作りのための取組を行い、男性労働者に一定の育児休業を取得させた事業主を助成。
    ②介護支援取組助成金
     労働者の仕事と介護の両立に関する取組を行った事業主を助成。
    ③中小企業両立支援助成金
     ● 代替要員確保コース
       育児休業取得者の代替要員を確保し、育児休業を3か月以上利用した労働者を原職等に復帰させ、復帰後6か月以上雇用した
       中小企業事業主を助成。
     ●育休復帰支援プランコース
       「育休復帰支援プラン」を策定及び導入し、対象労働者が育休取得した場合及び復帰した場合に中小企業事業主を助成。
  • 補助金・助成金 全業種 採用・教育 その他

    「業務改善助成金」の拡充

    業務改善助成金は、中小企業・小規模事業者の生産性向上を支援し、事業場内で最も低い賃金(事業場内最低賃金)の引上げを図るための制度です。
     生産性向上のための設備投資(機械設備、POSシステム等の導入)などを行い、事業場内最低賃金を一定額以上引き上げた場合、その設備投資などにかかった費用の一部が助成されるものです。
    このたび、支給対象が事業場内最低賃金800円未満の事業場から1,000円未満の事業場に拡充され、さらに従前60円以上とされていた賃上げ要件が30円以上等に緩和され、利用しやすくなりました。

    <留意事項>
    ① 過去に業務改善助成金を受給したことのある事業場であっても、助成対象となります。
    ② 「人材育成・教育訓練費」「経営コンサルティング経費」も助成対象となります。
      (ここでいう「生産性」とは、企業の決算書類から算出した、労働者1人当たりの付加価値をいいます。助成金の支給申請時の直近の決算書類に基づく生産性と、
       その3年度前の決算書類に基づく生産性を比較し、伸び率が一定水準を超えている場合等に、加算して支給されます。)
      ※ 賃金引上げを地域別最低賃金の発効日以後に行う場合は、改定後の地域別最低賃金額を上回る事業場内最低賃金を基礎として、
         上の表に定められた額以上の引き上げを行う必要があります。
      ※ 助成金の支給は第二次補正予算成立が条件となりますが、申請は第二次補正予算成立前であっても可能です。

お問い合わせはこちらから

0120-124-4567

お問い合わせはこちらから

Copyright (c) 補助金・助成金をもっと賢く活用できる補助金・助成金.com All Rights Reserved.