ブログ
  • 2015.12.24

    新年の補助金情報です!

    12月18日に平成27年度の補正予算案が閣議決定されましたね。
    この中から、皆さまの会社経営に関連しそうなものを抜粋してみます。

    まず補正予算の規模ですが、

    平成27年度補正予算案 2,901億円
    平成27年度予備費 996億円
    総額  3,897億円

    というものです。

    今回の補正予算の大きな柱は、
    ・TPP関連
    ・「一億総活躍社会」実現にむけて
    という2つの大きな政策課題に対応するものとなっています。

    TPPに関連して言えば、TPPを活用して海外市場への進出を図るために必要な商品開発や販路開拓を支援する施策があります。
    また、海外からの投資や訪日外国人を増やすための施策も盛り込まれています。

    そして「一億総活躍社会」関連にも、中小規模の事業者支援のための施策がいくつか含まれています。
    主だった補助金や事業をご紹介します。

    1.ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金
        1,020.5億円
    皆さんお馴染みの補助金ですね。

    「革新的サービス・ものづくり開発支援」は、
    上限1,000万円(補助率2/3)、

    サービス・ものづくり高度生産性向上支援は、
    上限3,000万円(補助率2/3)となっています。

    前回間に合わなかった方や、残念ながら不採択だった方は、是非今のうちから準備を進めたいですね。

    2.小規模事業者支援パッケージ事業
        100億円
    これも「小規模事業者持続化補助金」としてお馴染みです。

    補助率は2/3で、
    ・上限50万円、
    ・100万円(海外展開、雇用対策等)、
    ・500万円(複数事業者連携)
    があります。

    3.中堅・中小企業等の海外展開支援
    アントレ・レポートでも度々取り上げていますが、
    海外進出支援施策は、補正予算にも盛り込まれています。
    主な事業は次のとおりです。

    ・海外展開戦略支援事業 
        59.9億円

    これは日本貿易振興機構(JETRO)を通じて、中小企業の海外進出を支援するもので、情報提供や専門家の派遣、現地でのサポートなどが受けられるものです。

    ・中小企業・小規模事業者海外展開戦略支援事業
          20億円

    TPP加盟国の市場獲得に向けた事業計画の策定や展示会出展、商談ツールの作成を支援するものです。

    ・ふるさと名物応援事業 
        30億円

    TPP加盟国の市場へ進出を目指して、国内の地場産品の活用や農林漁業者と連携して加工食品などを開発する際の、商品開発や販路開拓、ブランドコンセプトの確立を支援するものです。

    ・地域発コンテンツ海外流通基盤整備事業 
          66.9億円

    いわゆるクールジャパンの輸出に向けて、コンテンツの現地化(字幕・吹き替え等)や国際見本市への出展などを支援します。

    補助金については、年明けに補正予算が正式に成立したら、短期間のうちに募集が始まることになります。

    申請を希望する方は、今のうちから準備しておきましょう。

    個別の補助金・事業についての資料はこちら
    http://www.meti.go.jp/main/yosan/yosan_fy2015/hosei/pdf/151218_002.pdf

    アスパル事務所の補助金・助成金活用支援サイト
    「補助金・助成金.com」
    http://shikin-hojokin.jp/
    でも、随時情報をアップデートしていきますので、ご覧ください。

    また、直接的な補助金ではない事業であっても、活用することで、とても役に立つ支援が含まれていると思います。

    これはというものがありましたら、是非調べてみてください。
    もちろんアスパル事務所でも情報をご提供しますので、お問い合わせください。

    ブログアントレプレナーズ・レポート (21)