ブログ
  • 2016.02.12

    ものづくり補助金が変わりました。

    平成27年度補正予算に盛り込まれた補助金の公募がいよいよ始まりましたね。

    まずは、注目度が高い「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」。

    いわゆる「ものづくり補助金」は、国内外のニーズに対応したサービスやものづくりの新事業を創出するため、革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行う中小企業や小規模事業者の設備投資等の支援を目的とした補助金です。

    昨年の「ものづくり・商業・サービス革新補助金」から名称が改められました。

    公募要領を見ると、高度な革新的技術やサービスを開発・導入することによって
    生産性の向上を目指す事業者をより手厚く支援する方針が現れています。

    概要ですが、「革新的サービス・ものづくり開発支援」には、
    一般型と小規模型の2つがあり、
      一般型は、2/3の補助で上限1000万円、
      小規模型は、2/3の補助で上限500万円
    となっています。

    残念ながら、今回から人件費が補助対象ではなくなっています。

    また、外注加工費や委託費は、小規模型では補助対象になっています。
    でも、「外注加工費+委託費」の合計が、補助対象経費総額の2分の1を上限」となっていて要注意です。

    例えば、革新的なサービスなどを外部委託して開発した場合、これだけでは委託費の全額を補助してもらうことはできず、同額以上の機械装置を導入するなどが必要になってきます。

    また、今回から加わったのが「サービス・ものづくり高度生産性向上支援」です。

    これは、革新的なサービス開発・試作品開発・プロセス改善であって、IoT等を用いた設備投資を行い生産性を向上させ、「投資利益率」5%を達成すると、補助上限金額3,000万円が支給されというものです。
    補助上限額も大きいですから、チャレンジしたいですね。

    それから加点ポイントとして、
     ・賃上げ等の取組、
     ・環太平洋連携(TPP)加盟国等への海外展開により、海外市場の新たな獲得を目  指す取組等
    が明記されています。

    ビジネスの海外展開をお考えの方は、是非活用をご検討してください

    今回の公募期間は2月5日~4月13日と、僅か2ヶ月ほどしかありません。
    すぐにでも事業計画づくりを始めてください。

    もうひとつの「ふるさと名物応援事業補助金」も、公募が開始されました。

    http://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/chikishigen/27fy_hosei_japanbrand_koubo.html

    こちらの公募期間は、さらに短くなっています。
    平成28年年2月1日(月)~平成28年2月29日(月)

    採択を目指す方は、早めに申請しましょう。

    アスパルは認定支援機関として、中小企業・小規模事業者の皆様の補助金・助成金申請を支援しています。

    「補助金の申請をしたいが何から手を付けたら良いか判らない」、「採択される申請書を作りたい」 などなど、いつでも気軽にご相談ください。

    「補助金・助成金.com」
    http://shikin-hojokin.jp/

    こちらのサイトでも随時情報をアップデートしていきますので、
    ご覧ください。

    ブログアントレプレナーズ・レポート (21)